承認欲と表現欲

都合のいい日々のあれこれ

先日、ポートレート撮影のワークショップに行ってきた。それからずっとカメラマンという仕事について、写真という表現方法について、つらつらと考えている。

その流れでふと「私の承認欲は何を求めているのだろう?」という疑問が生じた。我ながらかなり承認欲求は強いと思うのだが、かと言って褒められても素直に喜べない性分でもあり、じゃあいったい誰に何を認めてもらいたいんだ?と思ったのだ。

ちょっと前までそのあたりは、人に喜んでもらったり感謝されてると認められた気分になると考えていたのだけど、さらに突き詰めてみるとそれだけではないような気がしてきた。

それで思いついたのが「私がこれって良いよね!と言ったものに対して、相手からそうだね!ほんとだね!」って同意してもらうのがもっとも嬉しいっていうことだった。

その「良いもの」は私自身じゃなくていい。私が作ったものじゃなくてもいい、私が見つけたもの、私が誰かに伝えたいと思って形にしたものだったらなんでもいい。

さらに言えば、私は昔から絵を書いたり文章を書いたりしていたけど、創作がやりたいっていうよりも「編集」と「演出」が好きなんだと思うし、それはつまり私の欲求が「何かを創りたい」というものではなくて「何かを伝えたい」に向かっているということなのだろう。

私にとって写真は「これって良いよね!素敵だよね!」って人に伝えるためのものであって、それが目的だからこそ「編集」「演出」という手法にこだわらずにいられない。

あと、話がずれるけど、写真において演出しないことはあっても編集をしないことはありえない。どの写真を選ぶか?どこで誰に見せるのか?も「編集」の要素だから。

すごいざっくりだけど、妙に腑に落ちたので勢いで残してみる。

都合のいい日々のあれこれ

Posted by hal