祝コンサータ18mgデビュー

2017年9月20日

かれこれ20年以上も悩んでいた「自分はADHDなんじゃないか?」疑惑。

ネットや書籍で調べたりはしていたんだけど、専門家に相談したことはなかった。だって大人のADHDの診断ができる医療機関は少ないらしいし、初診の予約をとるだけでもたいへんらしいし、医者に行ったところで治るものではないらしいし、何より「自分の至らなさを病気のせいにして逃避する」ことになるんじゃないかという罪悪感でためらいがあった。

苦手なこともあるけど、得意なこともあるからトータルで考えれば普通。

そう思って頑張ったり諦めたりしてきたけれど、どうも歳をとるごとに苦手なことが日常生活を圧迫してきたので、対策できることがあるなら試してみようと思ったのだった。

結果、思いついてから2週間後にADHD専門のカウンセラーに相談して、それから約2週間後の今日、メンタルクリニックで診察を受けて、ADHDの治療薬の1つ、コンサータを処方してもらった。

え?何それ?こんなあっさりもらえるもんだったの!?

コンサータ1週間分と、ネットのチェックリストよりはちょっと詳しいっぽい診断テスト。テストは次回までの宿題。

薬ですべてが解決するわけではないと承知しちゃいるけど、まぁ、どうしたって期待はしちゃいますよね。こんなにあっさり手に入るのなら、もっと早く医者に行けば良かったとも思うし、すぐに処方してくれる先生に当たったのはたまたま運が良かっただけで、このタイミングだからこそかもしれないし。

症状や経緯は、少しづつ書いていこうと思います。

とりあえず、服用して2時間ほど経過した現在の記録。

  • 眠い(寝不足のせいかも)
  • 口が渇く
  • ごく軽いめまい(寝不足のせいかも)
  • ごくごく軽い胃のむかつき、痛み
  • ごくごくごく軽い頭痛

頭痛というか、脳みそがジンジンする感じかなぁ。しかしADHDの診察というのは、冒頭に書いたとおり20年来の憧れでもあったので、興奮しているだけかもしれない。